ハッピーメール体験談 後ろから浴衣の帯を解かれ、そのまま後ろから・・・。

 

 PR

このチャンネルが使っているマッチングサイトは  

http://topg.jp/?adv=sky0095

日本最大級のハッピーメール (18禁)

 

ハッピーメール体験談 まとめ

彼女と温泉デートとくれば、浴衣でエッチは鉄板でしょ。

 

 

 

散歩から戻ると部屋には布団が敷かれている。

2つの布団の間は少し隙間が空いている。

(あれ?カップルと思われて無かったのかな?)

 

隙間を少し空けるのは、旅館の暗黙のルールなのかもしれない。

俺は自ら布団をくっつけた。そして寝転ぶ。

 

ふっかふかの布団は最高ですねえ!ほら・・こっちさ来い。

 

苺女に向けて手を広げる。浴衣の裾から覗く細い脚が美味しそうで、

居ても立っても居られない。

 

苺「うーん・・先にお風呂入って来ていい?メイクも落としたいし・・。

 

俺の下心を見透かすように彼女は言った。

 

ええ・・。

 

苺「長風呂しないからw寝ずに待ってて♡

 

そう言って、彼女俺に軽くキスをしてくれる。

・・ならば仕方ない。

 

彼女はポーチとタオルを手に取り、改めて茶羽織を着なおすと、そそくさと部屋を出ていった。

携帯は座卓に置きっぱなしのままだ。

 

なんて無警戒なんだろうか・・。俺だったらトイレに行く時も持っていくのに。

 

念のため勃起薬は飲んでおこう。

 

やることも無いので、財布からバイアグラを取り出して少しかじっておく。

「心と身体の保険」である。これでオイラの息子の角度が少し上を向くはずだ。

俺はバイアグラをラップに包んで、常に財布の中に入れている。いつ何時でも臨機応変に対応できるからだ。

同じED気味サイドの同士達にもオススメしたい。

 

でも財布を落とすとすっごく恥ずかしい目に合うから気を付けて。

交番に届けられた財布は、財布中身を全てチェックされるからだ。

 

警察官「このラップに包まれたのってなんですか?

 

あの・・バイアグラ的なヤツです。・・すいません。

 

こんなめっちゃ恥ずかしい思いをした。(届けてくれた人には感謝

 

携帯を開くと衛生女からメールが入っている。もう一人の彼女だ。

 

彼女からメール来ちゃって心拍数マックス。

衛「博多駅の近くで飲んでるんだけど、今何してる?家?

やべえ!!

 

とっさに言い訳を考える。

 

友達と飲んでるから今日は帰るの遅くなりそうだわ。ごめん。

 

衛「そっか。じゃあ今日はもう帰る~。飲み過ぎんごとね。

 

人見知りの彼女なら、きっとこれで大丈夫なはず。

バイアグラを飲んだせいもあって、余計に動悸が増幅していた。

 

ガチャ。バタン。

 

苺「やっぱ温泉って最高!

 

ビクッ!!

 

叫びながら苺女が部屋に飛び込んでくる。

 

ドッドッドッ!

 

俺の心臓は爆発しそうなほど高鳴っている。

驚きを表情には出さないように、携帯をそっと枕元に置いた。

 

浴衣のエッチがめっちゃ燃える

お・お、お!おかえり。リラックスできた?

 

苺「夜の温泉も凄く良かったよ!YUちゃんも入ってきなよ。

 

瘦せ型でセクシーとは言えない彼女だが、浴衣姿に濡れた髪が色っぽい。

 

うーん・・。さっき入ったしいいや。

 

苺「お風呂午前0時までだって。

 

それじゃ後で入ろっかな?そんなことより・・ほらこっちにおいでよ。

俺は掛け布団を広げ、彼女を誘致した。

 

苺「なんで標準語になっとーと?w

 

笑いながら、パタパタとやってくる。そして俺の横に寝転がる。

 

クンクン・・いい匂い。

 

湿気を帯びた彼女の髪からは、シャンプーの匂いがする。

女の髪の匂いは、犬の耳の臭いくらいクセになる。ずっと嗅いでいたい。

 

今日は本当にありがとう・・。こんな風に祝って貰ったの初めてかもしれない。嬉しいわ。

 

苺「えーw照れますがなwでも頑張った甲斐があったばい!

 

彼女は照れくさそうにフフッと笑った。

 

『初めて』という言葉は、使いようによっては、なかなか効果的だ。

たまに付け加えてやると『最高』の表現になる。

 

浴衣姿の彼女はいつもより色っぽい。

なあ・・そろそろ良いだろ?

 

そう言いながら、彼女の首筋にキスをする。

 

苺「わーwそんなセリフ初めて使った人見たw

 

頭の上でキャッキャと笑う声が聞こえる。

そんな声を聞きながら、俺はチュッチュと唇で、浴衣から覗く細い鎖骨に愛撫を繰り返した。

 

くすぐったそうに笑っていた彼女も次第に吐息を漏らし始める。

覆い被さるようにして、その血色の良い唇にキス。

彼女の舌や唾液はいつもよりも熱く感じる。

苺女はいつの間にか真剣な表情になっている。エッチの時に見せる『この表情』がすごく色っぽい。

 

浴衣は少しずつ脱がせるのがいい。

浴衣は少しずつ脱がせるのが、オツってもんだ。

俺は彼女の浴衣の襟を開き、舌先を鎖骨から、その白く小さな胸へと這わせて行く。

少し鉄臭い匂いがするのは温泉の匂いだろうか?

 

帯を外して、さらに・・下へと進んでいく。ぐしゃぐしゃになった浴衣は完全に行き場を失っている。

骨盤を舌先でグリグリ舐め回すと、彼女はくすぐったそうに身をよじった。もったいぶりながら秘部へと到達する。

 

小さな突起を優しく吸ってやると、「・・んんっ。」と可愛く鳴いた。

じっくりと存分に愛撫すると、みるみる大量の愛液が溢れ出して彼女を濡らす。

かなり濡れやすい子だ。

指が一本すんなりと飲み込まれて行く。中を優しく刺激する。

 

苺「・・キモッちいい。ああ・・

 

身体を重ねる度に、彼女のあえぐ声も、大胆になってきている。

 

指で激しくかき混ぜてやると、「んーー!」と甲高い声を出して、ヒク付いた。

さては・・イキましたね?

 

苺「はあはあ・・YUちゃんもしてあげる。

 

・・お世話になります。

 

どちらかと言うと献身的な彼女は、人を悦ばせるのも好きらしい。

 

枕元にゴムを忍ばせておく・・それが紳士のたしなみ

さすがは俺より年上と付き合っていただけはある。

ウブだと思っていた彼女も、慣れてくればエッチも積極性を見せはじめる。

 

ここ・・好きでしょ?

 

そう言わんばかりの表情をしながら、オイラの大好物であるお乳首様をペロペロ・・。

ほうほう・・。これはこれは・・。

 

彼女の舌先で行ったり来たりする、俺の乳毛も悦んでいた。

うう・・キモチイイ・・。

 

これだけで白飯三杯はイケる代物だ。

既にバイアグラのドーピング効果によって、ピンと天井を向いている愚息だったが、

彼女のお乳首ペロペロ効果で天井を突き破って、上の階に顔を出す勢いだ。(自称)

 

下も・・舐めてちょーよ。

 

俺は名古屋弁で願い出る。

彼女のフ〇ラは、まだそれほど上手く無いが、舐めて頂けるだけで人生儲けもんである。

 

くうう・・最高だな!

 

彼女はチラっとこっちに目をやり、嬉しそうに口角を上げた。

前の彼氏には散々怒られたらしいが、その分俺が褒めちぎってしんぜよう。

 

・・そろそろ入れちゃってもいい?

 

そう言うと俺は枕元に隠して置いた、コンドーム先輩をそそくさと取り出す。

 

苺「っちょwなんでそんな所にあると?・・人がお風呂入ってる時に何んしよったとね?w

 

呆れた表情で苺女は言う。10以上も年下の彼女に呆れられるのだから、俺の精神年齡の低さもたいしたもんだ。

 

あの・・紳士のたしなみとして・・。

 

苺「全然かっこよく無いしw

 

「コンドームは任意で」付けなくてもいいの?

「でもゴム付けたほうが良いでしょ?

 

苺「うーん・・付けたほうがいいけど・・そこはYUちゃんに任せる。

 

ふと脳裏に赤ちゃんを抱いたヤンママの苺女が浮かんだ。

生でしたら気持ちいいんだろうなあ・・でもゴムはちゃんと付けよう!

 

ゴムを装着して未来のヤンママを防止する。

 

 ヌリュ・・。

 

濡れきった彼女の若い秘部は、ゴムに付着していたローションよりもねっとりと絡みついた。

そしてスムーズに息子を飲み込んでいく。

 

彼女の体温が、じんわりと浸透してきて暖かい。

ズニュッチョ!ズニュッチョ!腰を振る度に息子は熱くなっていった。

 

苺「あん!今日すっごく気持ちいい・・。

 

静かに彼女はつぶやく。

 

俺も・・なんでだろ?

 

なんでだろ?は余計な一言だった。

 

ピタン!ピタン!

 

バックで勢いよく突くと細く引き締まったお尻が、小さく振動した。

そしてぶち当たるたびに彼女は犬のような声で鳴いた。

 

苺「はあはあ・・YUちゃん・・この体勢は嫌。

 

え?・・痛かった?

 

苺「・・顔見ながらがいい。

 

キュンキュンさせやがって!キュンキュン大魔王か!

 

もしかするとエッチなんてものは、正常位だけで良いのかもしれない。

でも吾輩は騎乗位が一番好きである。

 

ふう!ふうう!そろそろイってもいい?

 

苺「ああ!ギュってしてええ!

 

ド・・ドクン!・・ドクン。

 

お互いが強く抱きしめあいながら果てる。鼓動に共鳴するかのように、

彼女はキュッキュと俺の息子をしばらく締め付けていた。

 

 

管理人より

 

温泉デート羨ましいです。

浴衣の彼女は300%増しでかわいいですよね。

温泉で火照ったからだ、ほんのり赤らんだ顔、少し濡れた髪の毛、ほのかに香る石鹸の匂い・・・。

うーん、たまりませんね。

出会い系で会った3人のセフレさんと

温泉デートした思い出がよみがえります。

現地集合、現地解散っていうパターンもあったなあ・・・。

 

⇒ 管理人が使っていた優良出会い系サイトはこちら。

 

⇒ 管理人紹介

 

⇒ 優良出会い系サイトはこちら。

 

⇒ 優良出会い系サイトランキング一覧 

 

 

ハッピーメールバナー

 

 


恋愛スタイルランキング