ハッピーメールの人妻はホテル直行なのか?リアルに体験してみた。

 

 PR

アプリの女性と出会うまでのやり取りノーカットで公開中! ⇒http://sy296.com/member/cf/secret

 

ハッピーメールバナー

 

 【出会い系体験談】

ハッピーメールで会った人妻さんは、何でもしちゃう淫乱女神様だった。

 

 

 ハッピーメール公式サイト(18禁)へ

他に会える優良出会い系サイトランキングはこちら

 

埼玉在住の33歳独身サラリーマンです。

セフレ探しに、出会い系サイトをよく使います。

最近人妻とよく会えるので、今回も人妻狙いでいくことにしました。

 

いつもように会社帰りにハッピーメール(18禁)でいい子を検索。

 

すると、「明日、旦那の帰りが遅いのでそれまで遊んでくれる人を募集」と書込みがありました。

 

僕は、たまたま明日有休を取得していましたのでちょうどいい!と思いすぐにメールしました。

1時間くらいのやりとりで、写メと携帯番号を交換して、明日の14時に会う約束をしました。

平日の昼間に会うなんて久しぶり。

ちょっといけないことをしているような気分になって、興奮してきました。

この背徳感がたまりません。

 

待ち合わせ場所について、その人妻と合流。

おとなしそうなタイプだけど、すこし豊満な体型がやけにそそります。

車に乗り込み、30分程ドライブして、

 

これからどうする?ホテルでも行く?」と聞くと、

 

うつむきながら、

 

うん・・・。

 

と小さくうなづきました。

ホテルに移動中に、僕はすでに我慢できなくなって、

車を運転しながら彼女の胸を軽く触ってみると、拒否反応がまったくない。

僕は調子に乗って、さらに車を運転しながら、彼女のブラをずらして、おっぱいを丸出しにさせました。

Dカップくらいの美乳でした。

僕は彼女のコリコリになった乳首を触りながら、片手で運転していました。

彼女は、

 

あん…

 

と気持ちよさそうな声を出しています。

しばらく胸を触り続けたあと、彼女のお〇ンコのほうへ手をやりました。

お〇ンコのワレメにそって、指をあてがいました。

すでにしっとり濡れています。

彼女の足を方で広げさせ、パンティの横から指を入れて軽くクリトリスを刺激すると、

 

あん、いい・・・。

 

と何度も気持ちよさそうな喘ぎ声を発しました。

 

もっと触ってあげるから、自分で下着を脱いでごらん

 

と言うと、すぐに自分の腰を上げ、パンティを脱ぎ捨てました。

 

 

彼女のお〇コのワレメに指をなぞらせながら、

お〇ンコの入り口に指を挿入しました。

指を動かすと、ピチャピチャと卑猥な音がしてきます。

 

すっごい、いやらしい音がしているよ」と言うと、

 

少し恥ずかしながら、

ダメ、あん、あぁん」とさらにいやらしい声を出し腰をくねらせます。

さらに僕はいじめたくなり、

 

このいやらしい音はどこからするの?」と聞くと、

 

あ、あそこ…」というので、「あそこってどこ?」と聞き直すと、ようやく

 

お、おぉ、お〇んこ…」と言い直しました。

 

ご褒美にクリトリスを刺激してあげると、

 

アッ・・・気持ちいぃ・・

 

とかなり感じていました。

 

どうしてほしい?」と聞くと、

 

入れて欲しい…」と言うので、

 

何をどこに入れて欲しいの?」と聞くと、

 

お〇ンコに、おチ〇ポを入れて欲しいのぉぉー。」と

 

恥じらいを忘れて本性むき出しにして声を荒げました。

僕も興奮してきて我慢できなくなってきたので、

近くのスーパーの立体駐車場に車をとめて、後部座席に移動しました。

彼女はすかさず僕のズボンを下して、チ〇ポにしゃぶりついてきました。

 

ハッピーメール公式サイト(18禁)へ

会える優良出会い系サイトランキングはこちら

 

チュパチュパとずいぶんと唾液を含んで、しゃぶりついてきます。

フェラがとても上手で僕はイキそうになってしまいました。

さらに、チ〇ポの上から唾液を垂らしてくるのです。

 

その唾液でベチョベチョになったチ〇ポをしごいてきて僕をイカせようとします。

このまま終わってしまうわけにはいかないと、

 

僕は思わず、「チョット待って…」と言って、一旦しごきをやめてもらいました。

 

僕は持ってきたバイブを彼女に見せると、はじめてみるかのようにそのバイブを眺めていました。

舐めてごらんと言うと、戸惑いながらバイブを舐めはじめました。

 

  ⇒ 福島県での出会い、福島市の人妻バイブ初体験でリピート決定!

 

僕は、彼女がバイブにしゃぶりついている間に、

後ろに回って彼女のビショビショに濡れたお〇ンコに指を2本入れてかき回しました。

 

だめっんっ・・はぁうっ・・・やっ・・・

 

しばらくするといきなり潮を吹きはじました。

さらにかき混ぜると、

 

止まらない、止まらないよ~」と潮吹きがしばらく止まりませんでした。

 

車のシートがビショビショに濡れてしまいました。

 

彼女は、「ごめんなさい、ごめんなさい・・・。」と謝ってきました。

 

僕は「じゃー、おしおきに、コレを入れて」とバイブを渡しました。

 

そして、

 

車の窓から外の人にバイブを入れているのが見えるように腰を上げてごらん

 

と無茶苦茶な要求をしました。

すると、彼女は素直に、思いっきり車の窓から、

バイブを入れているいお〇ンコを見せびらかせているじゃありませんか?

さすがの僕も、まわりに人がいないか少し心配になりましたが、

誰もいなかったのでそのまま続けさせました。

 

はっあっ!恥ずかしい・・けど・・・気持ちいいっ!

 

こんな人妻はじめてです。

 

そして、

 

ねぇ、入れて、あなたのお〇ンポ入れて・・・。

 

 

とねだるので、バックから思いっきりおチンポを入れて突いてやりました。

 

あぁっ、これ・・・初めて!見られちゃう・・う・・・!

 

あっあっイキたいです!もう・・ダメ・・そのまま中に出してー

 

と、叫ぶので

思い切り中に出してやりました。

後から聞くと、今日は事前にピルを飲んできたとのことでした。

 

最初からやる気満々の淫乱人妻だったんです。

やっぱり人妻は最高にドスケベですね。

 

管理人より。

よくあるパターンですね。

新しいセ〇クスのプレイを試したことで

セフレになるきっかけになったんじゃないでしょうか。

相性がいいと、いろんなプレイが楽しめますからね。

 

誰かに見られるんじゃないかと

ヒヤヒヤ、ドキドキする屋外でのセ〇クスは

好きな人は好きですよね。

 

あなたも、出会い系で会った人妻さんに

初めての体験をさせてあげてはいかがでしょうか。

 

⇒ 管理人紹介はこちら。

 

 

⇒ ハッピーメール公式サイト(18禁)へ

⇒ 会える出会い系優良サイトランキングはこちら

 

 


不倫・婚外恋愛ランキング

 

 

  

 

ハッピーメールバナー