【ハッピーメール体験談】スレンダー主婦に「中に出して・・・。」 

 PR

チャンネル登録はコチラ→https://bit.ly/2Q2Fj6o 

出会い系攻略サイト→https://bit.ly/2J2AFlC 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

43歳独身リーマン。休みの日は、ハッピーメールで今日会える子を探しています。

ハッピーメールバナー

 ⇒ハッピーメール公式サイト(18禁)はこちら

他に会える優良出会い系サイトランキングはこちら

 

私は43歳の独身男性です。

最近の休みの日の過ごし方というと、朝から出会い系サイトで女の子を漁るのが日課です。

 

特定の彼女がいたこともありましたが、面倒だなあって思うんですよね。

それなら、出会い系サイトであとくされなく、毎回初めて会う女の子を探す方が楽しいんです。

これからも、特定の彼女は欲しいと思わないですし、彼女をつくろうという気もありません。

しばらくは、出会い系サイトで、毎週ドキドキしながら、ハプニングを求めて、

新鮮でかわいい女の子を探していくつもりです。

 

先週の話ですが、先週の土曜日も相変わらず朝から出会い系サイトで女の子を物色しており、

今回はハッピーメール(18禁)で今日会える子を探すことに・・。

 

今日は朝から、悶々としていて「今日はしたいなー」って思ったので、手っ取り早く会える子を探していました。

何通かメールを送りましたが、なかなかいい返事が返ってこない・・。

さすがに今日の今日は難しいのかな?と少しテンションが下がってきました。

しかし、いろいろ考えてみると、絶対今日会える子、今日しか会えない子がいるに違いない!と自分に言い聞かせて、

再度何通かメールを送ってみました。

すると、9人目にメールして、順子さんという27歳の子から返信があり、

今日だったら空いてます

とメールが来たのです。

キター!

ほら、やっぱり!こういう子がいるんだよなーと、自分で自分を褒めてあげました。

ポイント数が減るのがもったいないので、すぐにラインIDを交換して、ラインでやりとりすることに。

そして、お互いの中間地点の駅で待ち合わせをすることになりました。

待ち合わせ場所に行くと、それらしき女性が既に立っていました。

 

 

 

だんだん近づいてみると、ちょっと目を疑いました、

 

(「普通な感じで可愛い…」)

 

だいたい、出会い系サイトですぐにアポイントが取れて、話が成立する場合って、

たいがいブスが来ることが多いんだが、今回は違う…と心の中で思いました。

 

待ち合わせの駅は、歩いて10分くらいのところにラブホテル街があるのでよく使うのです。

何も言わずに、二人でしゃべりながらラブホテル街へ向かいました。

こういう時はあえて何も聞かないほうがいいです。

途中で女の子のほうが嫌がったら、その時考えればいいんです。

 

実は、順子さんは、バツイチで小学生の娘がいるそうです。

今日はたまたま娘も出かけて夜まで帰ってこないし、私の仕事もなかったので、

ちょうど暇を持て余していたとのことです。

やっぱり出会いはタイミングだなぁ・・・とつくづく思いました。

 

そして、ラブホテルに辿り着きました。

 

 

彼女は特に何も抵抗はせず、そのままフツーにホテルの自動ドアをくぐり、

部屋を決めて、エレベーターで4Fまであがりました。

(「おお~、何と言う流れるような展開!」)

と自分の行動力に関心してしまいました。

こんなに簡単にいってしまっていいんだろうか?

と少し心配になりました。

 

部屋に入ると、すぐに彼女はコーヒーを入れてくれました。

 

(「何て気が利く子なんだ・・」

 

  

ハッピーメール公式サイト(18禁)へ

他に会える優良出会い系サイトランキングはこちら。

 

と思い、しばらく二人でソファーでおしゃべりしながらくつろぎました。

そして、

じゃ、シャワーでも浴びようか

と言うと、

私も一緒に入っていい?

と言われたので、断る理由なんてありません。

 

 

シャワー室で、二人で泡をいっぱいつけながら洗いっこしました。

私は泡をいっぱいつけて彼女のおっぱいを揉みまくりました。

そして彼女は、私のチ〇ポに泡をいっぱいつけて、やさしくしごいてくれました。

(「まずい、このままイッてしまってはダメだ・・・。」)と思い、

いい感じのところで止めて、すかさずベットに移動しました。

 

 

ベットに移動してすぐに、

私は彼女を押し倒すと、おっぱいをむさぼりました。

すると彼女は、私の首に腕を回してきてキスを求めてきて、

彼女のほうから舌を絡ませてきました。

そして、口の中でいやらしい動きをしてくるのです。

 

私はキスをしながら彼女のアソコに手を伸ばし、中指でクリトリスを刺激しました。

彼女は、私にしがみつき、熱い吐息を漏らしながら、さらに舌を絡めて濃厚なキスをしてきました。

彼女のお〇ンコからは、いやらしい汁があふれ出てくるのがわかりました。

私は我慢できなくなり、彼女の脚を思いっきり開いて

恥ずかしい恰好にして、顔を近づけクンニをしました。

そしてあふれ出てくる汁を、ジュルジュルッと吸っては舐め吸って舐めを繰り返しました。

 

すると、

あぁっ!だめ!あっあっあんっ!

ともうイッてしまいそうな喘ぎ声を出してきたのです。

そして、彼女も我慢できなくなったのか、

お、お願い、ナマで、い、入れて・・・。

と言ってきました。

本当に?いいの?

と聞くと、

 

生が欲しいのぉぉ!

 

の叫んだのです。

 

私の、勇ましく反り返った、カリの張ったチ〇ポを

彼女のお〇ンコにゆっくり挿入しました。

あっあっ、スゴイ、あっきもちい・・・っ

何かを思い出しように彼女は感じていました。

奥まで突くたびに、彼女のお〇ンコが私のチンポを締め付けます。

私は気持ちよすぎて、

順子さん、もうイッちゃいそうだよ・・

と言うと、

うん、いいよ。中に出して…

と言ってきました。

最後のフィニッシュで腰を思いっきり高速で動かし、

あー、順子さん、俺、イクよ、い、イクッ!

と彼女の体を抱きしめながら、お〇ンコの奥のほうに発射しました。

チ〇ポを抜くと、大量の精子が彼女のお〇ンコから溢れ出てきました。

 

彼女の気立てのよさと、セ〇クスの相性もいいので、

順子さん、俺、順子さんのこと好きになりそう。

もしよかったら、生活費の一部を面倒見るので付き合ってくれないか?

と告白しました。すると順子さんは、

えっ、本気にしていいの?やっぱり、男の人の温もりは欲しいし、

実は生活も苦しいからそう言ってくれると、うれしいけど。

と言ってくれました。

 

それからは、私は給料の半分を順子さんに渡し、

その代わり順子さんは、私の部屋に来て、掃除や洗濯、そして夕飯も作ってくれます。

もちろん、その度に濃厚なセックスを楽しみます。

こういった、程よい距離感がある関係って、すごく居心地がいいなあって思います。

セックスもできますしね!

 

管理人より

40過ぎて独身で朝から出会い系もどうかと思いますが

こうなっちゃうと、結婚なんて考えちゃうでしょう。

今更・・・。って感じになりませんか?

これは、女性にも言えると思いますが。

結婚だけが幸せになる方程式じゃないですから

現代社会は。

いろんな選択肢があって当然だと思います。

この彼がとった行動もナイスな選択だったと思います。

恋愛、結婚、仕事、育児 etc.

選択肢が多い世の中であって欲しいもんです。

 

管理人の紹介はこちら。

 

ハッピーメール公式サイト(18禁)へ

他に会える優良出会い系サイトランキングはこちら。

 

 ハッピーメールバナー

 

  


恋愛スタイルランキング